今日からできる!花粉症対策

花粉症に効く薬や治療法

>

花粉症に薬のチカラ!

抗アレルギーと抗ヒスタミンって?

市販薬を選ぶときによく聞くのが「抗アレルギー」と「抗ヒスタミン」。では、これらはそれぞれどんなもので、どのような違いがあるのでしょうか?
「抗アレルギー」は、かゆみ等の症状を引き起こす原因物質の発生を予防する効果がある薬に記載されます。医療機関で処方される薬の多くは抗アレルギー薬ですが、最近は市販の内服薬や、点鼻薬等にも増えています。
「抗ヒスタミン」は、原因物質自体に働くわけではなく、引き起こされる症状を緩和する働きのある薬に記載されます。市販薬のほとんどは抗ヒスタミン剤であり、症状に対する即効性があるため、「普段はそれほど重症ではないけれど、花粉が多い日はつらい」というような方におすすめです。

どっちを選べばいいの?

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
抗アレルギー薬は医療用にも使用されており、症状の原因物質に作用するため、効果は抗ヒスタミン薬より高くなっています。また、ゼロではありませんが、継続的に使用しても眠気等の副作用が出にくいところも特長です。
ただし、効果が安定するまでにやや時間がかかるため、症状が出てからではなく、症状が出始める前から服用する必要があります。
抗ヒスタミン薬の特長は、なんといってもその即効性にあります。つらい症状をその場で緩和したいということならば、抗アレルギー薬では効果が出るまでに時間がかかってしまう可能性がありますので、抗ヒスタミン薬を選びましょう。
しかし、その即効性と引き換えに、眠気や口の渇きなどの副作用が強く出る傾向があるため、注意が必要です。長期間にわたって使い続けたり、抗アレルギー薬と併用したりすることは避けましょう。


この記事をシェアする